So-net無料ブログ作成
検索選択
ディマージュA1 ブログトップ
前の10件 | -

未だ現像していません [ディマージュA1]

 正月に行った白石や先週に行った鳴子のフィルムは現像
していません。

 先週は久々にエキザクタVX1000で撮影
レンズはこれも久々のビオター58mmF2.
このレンズはヤフオクで購入したのですが
ピントリングが超重くてなかなか持ち出せなかった
のですが、少しオイルをさしてしばし回転回転。
だいぶ軽くなったので出撃。
車に積みっぱなしだったディマージュA1とで撮影。
寒かったですが雪見の露天風呂は最高ですね。

鳴子雪.jpg

ディマージュA1 鳴子峡

エキザクタVX1000 とビオター58mmF2こんなレンズです。
エキザクタビオター1.jpg

TX-7

エキザクタビオター2.jpg

TX-7





nice!(0)  コメント(0) 

力量 [ディマージュA1]

冬は被写体が少ないなど弱音吐いたことを反省します。

昨日発売のアサヒカメラの築地仁氏の記事を見て
 自分の力量の無さを痛感!
もっと貪欲に且つ、冷静に撮影したくなりました。

雪.jpg

ディマージュA1 雪 自宅にて
nice!(0)  コメント(2) 

プレゼントカメラ [ディマージュA1]

 クリスマスプレゼントカメラをと思った時に
意外と悩んだ。

 で、キャノンのパワーショット E1

 にしました。

http://cweb.canon.jp/camera/powershot/e1/index.html

 単3電池で動くのとスタイル、一応ファインダー
ついてます。

 やばい、自分でも欲しいかも。


琉球ガラス.jpg

ディマージュA1 琉球ガラスのコップ

 
nice!(0)  コメント(2) 

12月6日 [ディマージュA1]

 休日。
 エンボスエキザクタとディマージュA1で撮影
9時過ぎに起床。一度勤務先に寄る。
八乙女から泉に抜けて4号線を北上。
大和から船形山へ。途中から雪。
 それから鹿島台経由で涌谷へ。
天平ロマン館と城山公園で撮影。

 エンボスエキザクタは慣れが必要。
 エキザクタはビオター58mmF2とテッサー50mmF2.8
ビオターはやわらかい感じ。
テッサーの写りはやや硬い印象。 


ディマージュA1の快適さは相変わらず。
パソコンの画面で見るとあっさりめの画像です。

鹿島台.jpg

ディマージュA1 鹿島台付近
nice!(0)  コメント(0) 

夕方の撮影 [ディマージュA1]

 本日は夕方で仕事が終わったので作並方面に撮影
に行きました。1時間くらいでした。
 ディマージュA1で撮影しましたが、どうもいまいちですね。
フィルムとは違いますね、もしかしたら今のデジタル一眼なら
もうちょっといいのかなと思います。

作並.jpg


ディマージュA1 青葉区作並付近
nice!(0)  コメント(0) 

広瀬川 [ディマージュA1]

 身近にある川ですが、あんまり撮影したことなかったです。
市街地を流れていることも理由の一つだと思います。
 仙台市民会館の裏側からいがいと綺麗に広瀬川が
見えることに最近気づきました。ディマージュA1で撮影してきました。
 今度はフィルムで挑戦しようと思ってます。


広瀬川.jpg


ディマージュA1 広瀬川

庭の梅 [ディマージュA1]

 自宅の庭の梅がやっと満開になりました。
仙台市内の桜とおんなじ時期のようです、毎年。
今週は桜の撮影に行けなかったので
来週、県北のほうに撮影に行きたいと思ってます。


Pict0035.jpg


ディマージュA1 自宅にて

Pict0038.jpg


ディマージュA1 自宅にて


Pict0040.jpg


ディマージュA1 自宅にて


光のページェント [ディマージュA1]

今年も始まりました。
帰宅途中に車をとめてみることができるので
ほんのちょっとですが撮影もしています。
去年はディマージュA1でだけだっとので今年は
フィルムでも撮影しようと思っています。
写真は去年のものです。 


ディマージュA1 定禅寺通り 


勝手記念日 [ディマージュA1]

今の店舗を経営初めてもうすぐ3年になります。
「3年目」を勝手に記念してカメラを購入しようと
思っているのですがなかなか決められていません。
ヤシカコンタックスマウントのカメラはもういいので
レンジファインダーか思いきってキャノンのデジタル一眼
を購入してマウントアダプターを使用して今のレンズを
使うか、などなど。
今の最有力候補は「ツァイスイコン」
です。本当に買うかはまだ未定ですけど。

ディマージュA1 ウロコ雲


本の紹介 [ディマージュA1]

「モノクロームの旅路」という本を購入した。
黄昏時に撮影したモノクロ写真を載せた本である。
とにかく、写真がかっこいい!!
写真の紹介の仕方も凝っていて、最初に撮影の時の
状況説明が書かれていて次のページにその写真が
載せてあります。
自分の理想的なモノクロ写真でした。
何度でも読み返したくなります。

「モノクロームの旅路」 松田敏美
枻出版

ディマージュA1 自宅にて 懐中時計


前の10件 | - ディマージュA1 ブログトップ
メッセージを送る